スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年12月05日

M249の給弾不良を解消

いろいろなトラブルが出たA&K M249。
ヒントを調べてみると皆さん様々な苦労をされていたようですね。
 


空撃ちしてるウチに妙にサイクルが上がったように思ったんで、バラしてみるとピストンの歯がだいぶ削れてました。(汗
仕方ないというか要するに空撃ちしすぎ(馬鹿)。
削れてしまったピストンはSHS製全金属歯(14枚タイプ)へ交換。
これで一安心と思いきや、メカボから金属片がポロリ。
よく見たらセクターギヤの歯が5枚も飛んでました。(泣)
これがハイサイの原因だったのね・・・。
  


このA&K M249のギヤを取り寄せたSHS製セクターギヤ(A&K刻印)と比べて見ると、既存のセクターギヤは細部の作りがかなり荒っぽい。
その前にもベベルギヤの軸もスポスポで使い物にならなかったし、もしかするとSHS製ギヤの劣化コピー?
これでメカボ内で残ったのは、わりと丈夫だったスパーギヤとガタガタだけど機能には問題なさそうな逆転防止ラッチとスイッチだけ。
初めっから中身は総入れ替えのつもりで行けばよかったかも。(笑
もう既にネジ穴が2ヶ所もナメたA&Kメカボですが、弱点も分かったし今回も勉強になりました。
   


そして本題となる給弾不良。
個々の部品にBB弾を通しながら眺めてみると弾倉からチャンバーへ繋がる部品(チャンバーブロック?)。
マガジンからBB弾が入る部分は普通の形状ですが、チャンバー側はなぜか四角く拡げられています。
またチャンバーの凸部がを保持する為にこのチャンバーブロック?には溝があり、噛み合い回転止めになる仕組み。
実際は強力にアウターバレル脱着用のバネで押さえつけれてますが、変な隙間も多くて設計されていたであろう位置からズレぎみ。
しかも毎回位置も変わっているのかも。

そこでチャンバーブロック?の給弾ルートをプラ板で絞ってみました。
要するにBB弾の通り道を一箇所に決めてあげれば原因が特定しやすいかなと。
またチャンバーと噛み合う部分もプラ板で微調整して、給弾ルートから僅かに見えるHOPパッキンの先っちょにBB弾がほんの少しひっかかる程度にしてます。
これに合わせてチャンバーの給弾部分も下側の後方へ拡大して、BB弾の通り道を確保。
自家製カスタムノズルやノーマルでも試しましたが、マルイ純正Ver2タペットプレートを無加工で、セクターチップ的なパーツを使わずに給弾不良を解消。
但し、これは自分の個体での話で、しょっちゅう仕様変更のある中華エアガンなんで、参考程度で。
    


試射では、今までの給弾不良がウソのように改善されて、気持ちよく連続した弧を描いてくれました。
0.25gでの集弾もまずまずでしたので、欲を言えばもう少し飛距離を伸ばしたい感じ。
まぁゲームで使えるレベルにはなったんでその辺は今後の課題として。
 


おまけ
仕事帰りに寄ったエチゴヤ横浜店で¥650と手頃だったSHS製QDスイベル。
QDスイベル用の穴には小さくて抜けるという代物でしたが、M249のフレームにはなぜかピッタリ。(笑
スリング取り付けにお困りの方にはいいかもです。
   


Posted by comosoldier  at 01:02Comments(4)銃器系

2011年12月01日

魔改造したM14の更正

とりあえずはやりたいことをやってみたM14です。
ちょうど足元にPSG-1純正スコープが落ちてたので、M14へ取り付けてみました。
ドラクエみたいですけど、半分は実話です。ww
先入観かもしれませんが、やっぱりM14はスコープがよく似合いますねぇ。
  


さっそく先日の日曜の我がチームの定例ゲームへ、試射を兼ねてM14を持ち込んでみました。
といってもまだマガジンも1本しかないんで、半分シャレみたいなもんですけど。
 


いきなり試射の結果から申し上げますと、CHSの割りに全然飛ばない。
持ち帰ったM14を眺めていて、思ったのが原点に戻ること。
CHSのパッキンは従来どおりで結果の出ている形状、違っているのはノズルとHOP押しゴム。
ノズルも要求を満たした形状なので、残るはHOPゴムということでファイアフライ 電気なまずへ換装。
試射をしてみると、CHS特有のHOPを掛ければ掛けるほど放物線がだんだん長くなって、いつしかカーブが肉眼でも確認できないくらい遠くに。
やっと本来のCHSの性能が出せるようになりました。
 


元々マルイM14がHOPの掛かりが甘い(ように感じる)のは、その構造からじゃないかと思ってました。
しかしM14のチャンバーは一見グニャグニャしていそうに見えて結構ガッチリしており、また垂直に押せる構造で弾詰まりがしやすかったのかもしれません。
故にマルイはHOPダイヤルの短くして弾詰まりを防いだ為に今度はHOPの掛かりが甘くなった(ように感じる)んじゃないかと予想しています。
弾ポロもさらにそれを助長して「ざんねんHOP」みたいなイメージで手放す人もいたみたいですし。
 


こうしてCHS搭載でM14らしさが無くなったような気もしますが、他に不満も無く完成度の高さはやはりマルイ製。
ゲームでの活躍が期待できそうです。



  


Posted by comosoldier  at 01:02Comments(0)銃器系