2013年10月02日

M14 渾楔颯

電動ブローバック化させたM14を定例ゲームに持ち込みました。
しかしながらセイフティで試射した結果、ほとんど撃てずに予備銃を使う羽目になってしまいました。
11.1vにしたことで、タペットプレートが速すぎて給弾がされなくなったようです。
たまに発射される弾道はCHSによって見事にフラットで、飛距離も目標としたショップチューンと見劣りしないものでした。
本当に残念ですがこのまま持ち帰って再度調整を行うしかなさそうです。

給弾不良の対策としてはまずセクター○ップのようなものを作って入れてみます。
適当に切り出した2㎜のABS板を加工して取り付けてみましたが、とりあえず給弾はされるようになりました。
しかしほぼ弾ポロ状態で、チャンバー閉鎖のタイミング遅すぎてしまったようです。
しかもピストンが突如ロックされてバッテリーが熱をもってきたので、慌ててバッテリーを外すとFETも熱々に。(怖
幸いにもバッテリーもFETも無事でしたが、メカボは分解したらセクター、スパーは歯が数本飛び、軸受けも粉々。(泣
アルミピストンはちょっとキズが入っただけ。 これはこれでスゴイな・・・。
 


涙をふいて棚を見るとSHS Ver7ギヤセットとメタル軸受けがありました。
難しいことは考えないで、このパーツ群で組み直し、ついでに床に落ちていたFFでんでんむしを取り付けて、組み立てることができました。
なんとも悪運の強いM14であります。
自作セクター○ップはタイミングを半分早めた形状に加工し直して初速測定した結果、76~77m/s(0.28g)に回復。
これでこんどこそゲームでも使える電動ブローバックM14になりました。
 


しかしSHSのギヤの安心感は素晴らしいですねぇ。
これまでよりも更にギヤノイズも減少したし、アルミピストンとの噛み合いのいい感じ。
壊れる気がしません。
純正セクターギヤとアルミピストンの相性がイマイチだったのがクラッシュの原因だったと推測しております。
しばらくは耐久テストとなりますが、なんだか楽しみでもあります。
 






同じカテゴリー(銃器系)の記事画像
M14が少し進化
M14 飛距離アップを狙ったチャンバー加工
要求した性能が出なかったM249の修理
MP5SD5のノイズ・・・それはモーターの遊びだった
M14電動疾走!(ライトニングオーバードライブ)
M14 男には男の武器がある
同じカテゴリー(銃器系)の記事
 M14が少し進化 (2014-09-24 22:10)
 M14 飛距離アップを狙ったチャンバー加工 (2013-12-30 23:52)
 要求した性能が出なかったM249の修理 (2013-12-28 23:26)
 MP5SD5のノイズ・・・それはモーターの遊びだった (2013-09-16 00:24)
 M14電動疾走!(ライトニングオーバードライブ) (2013-08-28 23:52)
 M14 男には男の武器がある (2013-08-23 23:52)

Posted by comosoldier  at 23:52 │Comments(2)銃器系

この記事へのコメント
はじめまして、疑似ブローバック化って難しいですよね!
僕もここ2年ほど疑似ブローバック化や、リコイル化をやってますが、14はもっているものの未だ手付かずです。何とかフルストロークで動かせないか思案してるのですが、アイデアが浮かびませんね。
最近ではCYMAクルツのリコイルユニットの仕込みが何とか出来て、現在微調整しているところです。
経験から、リコイルユニットを直接ピストンに引っ掻ける方法は、メカボ内の負担が大きいので、実用面(耐久性)で不安が残ります。
なので、ピストンに引っ掻ける金具?とウエイトの間に引きバネを介してショックを和らげつつ、ピストンが後退しきるまえにユニットがバッファ?にぶち当たるようにセッティングしています。
Posted by デブ二等兵 at 2013年11月12日 10:06
デブ二等兵さん、はじめまして!
コメントをどうもありがとうございます。

他の方々も様々な方法で電動M14擬似ブローバックを作られているのを知りました。
電動M14で擬似ブローバックは、強度との戦いですよねぇ。
もう少しダミーボルトを重くしたい気もするんですが、ピストンとダミーボルトをつなぐ部品をステンレスで作りました。
サイズと強度のバランスがギリギリで、これ以上に負荷を加えれば変形しそうです。

M14でフルストローク動作はもうひとつの課題です。
引きバネを仕込むというアイディアならフルストロークも実現できそうですね!
ウチのM14はまだ実戦未経験なんで、さらに弾道を煮詰めてゲームで使いたいと思います。
Posted by comosoldiercomosoldier at 2013年11月14日 11:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。